さて実録シリーズの番外編となる当作品ですが、日○戦争開始直後、渠○という架空の町で○人の女学生たちが国民党系中○軍に捕えられてとんでもない目に遭う、挙句の果てに食べられてしまう、という小説です。うっすらとですが事実があるものの、登場人物はすべて架空のものですので実録シリーズの番外としたのですが、もちろん私は中○人に含む所など微塵もありませんが、蒋○石だけは嫌いです。何だかよく分かりませんがとにかくそう言う事です。