家に帰るとママがいなかった。いつもなら、夕飯の支度中でも『おかえり』と声をかけてくれるはずなのに。今日はまだ仕事から帰っていないのかな?まあ、いいか。テレビでも見ていれば、そのうち帰ってくるだろう。だが、その時の俺は知らなかった。俺のママが、あんな目に合っているなんて。※リョナ要素有り。この作品にはヒロインを痛めつける表現が含まれています。